Search the Blog

体重の減少は、おもりがついた振り子にたとえられます。
痩せれば痩せるほど、振り子は上に上がっていきます。
こちらをご覧ください。(図解)

図から想像できると思いますが、体重が減れば減るほど、
元の体重に戻ろうとする力が増し
体重の維持がますます大変になります。

元に戻ろうとする力を無理に抑えて体重を
維持しようとすると、以下のような困った体の反応に
悩み始めます。

■ パターン1
【努力の果てに、顔はむくんで、歯はボロボロ】

(例) 以前はこんなことなかったのに、異様な食欲で
過食を繰り返し、挙句の果てには、食べたものを吐き出す
ようになってしまった。

振り子で表現しました。こんな感じです。
こちらをご覧ください。(図解)

体重をあまりに減らすと、おもりがもとの体重に
向かって、勢いよく戻ろうとします。それを
止めるには、「我慢」や「吐く」などの至難のわざが

必要となります。

特に「吐く」という必死の努力は、やがてあだとなり、

「細く痩せた体とは対照的に、顔はむくんで大きくなり、
口の中では、歯はボロボロ。人に見せられない。」

などの結果をもたらします。

それから、一度は痩せたけど、元の体重に
戻ろうとする力に逆らえないと・・・

■ パターン2
【努力のあげく、スタート時より太った!!】

● 理由が分からない食欲の増大によって、体重が増え始め、
結局、ダイエットを始める前よりも太ってしまった。

振り子はあまりに振れ幅が大きい(体重が減った状態)と、
やがて耐えられなくなって、下に戻り、勢いがあるので、
もとの位置(元の体重)を素通りして、

体重が増えてしまいます!?

こちらをご覧ください。(図解)

これらの症状の根底にあるのは、
なぜか異常になってしまった食欲。

★ ダイエット成功のカギ、1つめは、いかに

食欲を正常に保つか

忘れないでね。

→ ダイエット成功のカギ、2つめは、代謝

食べても太らない方法・トップに戻る



サイトナビゲーション

dummy dummy dummy